曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)は、天目茶碗のうち、最上級とされるもの。略して曜変天目と呼ばれることもある。なお、「曜変」は「耀変」と書かれることもある。
 

貴方のアカウント


宋王朝の建窯油窯は磁器で有名な製品で、中国の宋王朝の建窯南部や山西省北部、河南省などで焼かれました。 油滴のような形。 油滴カップの艶をかけられた表面は、直径数ミリメートルから針先のサイズまで、油滴に似た銀灰色の金属光沢の小さな点で密に覆われています。 「油滴」の形成は、実際には釉薬表面の酸化鉄の濃縮によって引き起こされ、冷却後にヘマタイトとマグネタイトの形で結晶を沈殿させます。 黒釉に銀白色の結晶斑があるものを「銀油滴」と呼び、黄土色の黄色の結晶斑があるものを「金油滴」と呼びます。